「リノベーションしてみたいけど、その間も住んでいたい」
「住みながらのリノベーションだと、どんなことができるの」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回は住みながらのリノベーションが出来るケースとできないケース、また住みながらのリノベーションが向いている人をご紹介します。

□リノベーションは住みながらできるの?

現在お住みになっている住居にリノベーションを施す際、住みながらのリノベーションが可能な場合と不可能な場合があります。

*住みながらリノベーションができる場合

住んだままのリノベーションが可能なケースには、以下のような事柄が当てはなります。

・部分的な床・壁紙の張替え
・小規模な間取りの変更
・キッチンやお風呂、トイレなどの水回りの設備の交換
・部分的な収納の造作

マンションでも戸建てでも、この程度のリフォームであれば住みながらの施工が可能です。

*住みながらのリノベーションが不可能な場合

生活場所の確保ができず、住んだままでのリノベーションができない場合は以下のようなものが当てはまります。

・スケルトンにリフォーム
・大きな間取りの変更
・全部屋の床や壁、内装材をやり替え

特に全体的な床や壁、内装材のやり替えは、一見間取り変更がない場合は部屋ごとにしていくと住みながらでもできそうに感じます。

しかし、実際には大工さんが床を張って、内装屋さんが施工するという手順になるので部屋ごとに着手するというのは手間とコストがかかり過ぎてしまいます。
そのため現実的ではないでしょう。

□住みながらのリノベーションに向いている人をご紹介

続いては、住みながらのリノベーションによるメリットやデメリットを踏まえて向いている人をご紹介します。

まず、お金を節約したい人です。
本来はリノベーション工事中、仮住まいへの引っ越しをするのが一般的です。
そのため、住みながらのリノベーションは工事期間中に住む仮住まいの費用を節約できます。

次におすすめの人は、多少の不便は気にならないという人です。
特に水回りのリノベーションを行う場合には、普段と同じような暮らしができません。
浴室の工事を行っていれば銭湯を利用しなくてはいけませんし、トイレの工事だとしばらくはポータブルトイレの使用になるかもしれません。

このような不便さをストレスに感じるのではなく、むしろ楽しみに変えられるという人には住みながらのリノベーションが向いているでしょう。

□まとめ

今回は住みながらのリノベーションができるケースとできないケース、また住みながらのリノベーションに向いている人をご紹介しました。
リノベーションをお考えの方は、今回ご紹介したことに自分が当てはまるかどうか確認してみましょう。
お悩みの方はぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。