「間取りを変えたいけど、どんなことに気を付けたらいいの」
「生活のしやすい間取りにリノベーションしたい」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回は暮らしやすい間取りを考える際に重要な動線をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□動線の種類をご紹介!

動線にも種類があることをご存じでしょうか。
家の間取りを考えるときに特に重要になるのが、以下の3つの動線です。

・家事動線
・生活動線
・来客動線

まず、洗濯、掃除、料理、さらに子育てをはじめとする家事に関する家事動線について説明します。
この家事動線をしっかり確保することで無駄に家の中を行き来することがなくなって効率的に家事をこなせます。

家事動線を確保するときは、洗面室、浴室、キッチン、リビング・ダイニングをひと回りできる回遊動線を意識してつくるのがおすすめです。
時間がない朝の身支度と食事をスムーズに済ませられます。
また、玄関からキッチンまでの距離を短くすることで重い食材を買って帰ってきてもすぐ運びやすいでしょう。

次に紹介するのは生活動線です。
生活動線とは、トイレに行く、寝室に行く、冷蔵庫に行くなどの日常生活の動線を指します。
この生活動線は、家事動線とできるだけ被らないようにしましょう。
特にキッチンに人が集まってしまうと家事がやり辛くなってしまうので注意しましょう。

最後に紹介するのは来客動線です。
来客動線とは名前の通り、来客が使用する動線のことを指します。
来客動線は家族の過ごす部屋や洗濯ものが見えないところを通る必要があります。
他にも、トイレから洗濯物、脱衣所が見えないような間取りの工夫も重要でしょう。

□動線の考え方の注意点をご紹介!

まずは家族みんなの荷物で散らかってしまいがちなリビングです。
片付けや掃除がしやすいように十分な収納スペースを設けておきましょう。
ただ数や容量が多ければ良いわけでなく、必要な時にすぐ取り出せて使い終わったらまたすぐに片付けられるようなスペースが必要です。

次に紹介するのはキッチンです。
子育てをする方には食事の支度をしながら子どもたちを見守れるような対面型のキッチンがおすすめです。
また、アイランドキッチンはキッチンを両端から行き来できるので配膳や後片付けも快適に進められます。

また、寝室にファミリークローゼットを設置しておくと衣類の管理や掃除が楽になります。
洗濯した衣類を各部屋に運ぶ必要がなくなり、1か所に収納できるのでおすすめです。

□まとめ

今回は間取りを考える際に重要な動線の種類と注意点をご紹介しました。
暮らしやすい家づくりのイメージが湧いたのではないでしょうか。
当社では皆さまの理想の暮らしを実現できるマンションリノベーションをお手伝いします。
ぜひお気軽にご相談ください。