「マンションのリフォームは、なにから手を付けたら良いか分からない」
「マンションをリフォームする際、どんなことに注意したらいいの?」
こんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
今回はそんなお悩みを解決するために、マンションのリフォームの基本的な手順と注意点をご紹介します。

□マンションリフォームでやることをご紹介

マンションをリフォームする際には、以下のような基本手順を踏んで行うと失敗しないでしょう。

・マンションリフォームの適切な時期を見極める

マンションの持ち主は居住部分に適切な管理を施さなければなりません。
設備や建材の定期メンテナンス、機器類の新しいものへの入れ替えは快適に住める家であり続けるために欠かせません。

5年ごとに行いたい細かいメンテナンスは主にトイレのパッキンやフロー、水栓金具など部品のメンテナンスと網戸の張替えです。
また、10年から15年ごとにはガス給湯器、換気扇、キッチンコンロの交換や壁紙の張替えも行います。

・リフォーム可能なことと不可能なことの確認

マンションの住居者はマンション管理規約と使用細則を守らなければなりません。
リフォームに関する約束事も記載されているのでよく確認して行いましょう。

・現場を見せてリフォームプランと見積もりをする

希望がある程度まとまったら、次はリフォーム会社に見積もりを依頼します。

・リフォーム前準備をする

マンションリフォームではマンションならではの約束事があるので、トラブル防止のためにもリフォームの前にそれらをしっかり確認しておきましょう。
例えば管理組合への届け出、電気やガスの容量確認、工事用車両の駐車場の確認などです。
また、近隣への挨拶も済ませておくと良いでしょう。

・担当者との完了確認

特に住みながらリフォームする場合は、終わった部屋から使用するので後から傷が見つかっても責任の所在があいまいになってしまいます。
全ての工事が完了してから確認するのではなく、終わった部屋ごとに確認すると良いでしょう。

□マンションをリフォームする際の注意点

先ほどもご紹介したように、マンションには管理規約というものが存在します。
リフォームを考えている方は事前に以下の4つの項目を確認しておきましょう。

・工事可能な曜日と時間
・工事車両スペース
・リフォームする際に必要な手続き
・工事内容にかかわる管理規則

工事車両スペースの確認はそのようなスペースがあるかどうかだけでなく、ある場合には何台分あるのかも確認しましょう。

□まとめ

今回はマンションをリフォームするときの基本的な手順と注意点についてご紹介しました。
当初の疑問を解決できたのではないでしょうか。
当社はマンションのリノベーションの実績を多数、持ち合わせております。
ぜひお気軽にご相談ください。