「和室って何のためにあるのだろう」
昔に比べて現在は和室がない家も存在するため、和室の必要性に疑問を感じていらっしゃる方も多いでしょう。
しかし、和室には生活する上でも大きなメリットがあります。
今回は和室の必要性とマンションに和室を取り入れるケースについてご紹介します。

□和室の必要性とは?

和室の一番の魅力は汎用性に優れていることでしょう。
和室は、子供部屋や寝室、客間などさまざまな用途に使用され、色んな使い方が可能なのが特徴です。
お子さまやお年寄りの方も安全に利用でき、家族が多い場合にも有効に活用できるでしょう。

以下では、和室の必要性を考える上での魅力をご紹介します。

1つ目は客間として利用できることです。
襖によってリビングやダイニングを仕切ることで、生活感を見せないようにできます。
また、お子さまのお友達や友人が泊まりに来た場合でも、布団を敷くことで寝室として利用できます。

2つ目はダイニングスペースや食事スペースとしても利用できることです。
和室を掘りごたつ式にすることでダイニングスペースとしても活用できます。
さらに、収納スペースを設けることで家事に使う道具やお子さまのおもちゃなどを片付けられます。

3つ目は子供部屋として利用できることです。
畳はフローリングよりも柔らかく、調湿機能にも優れているため、お子さまの怪我を予防でき湿度も保ちやすくなります。
子供部屋にもピッタリな場所となるでしょう。
また、ほこりや塵が発生しにくいため、アレルギー対策にもなります。

□マンションに和室を取り入れるケースについて

マンションの間取りには和室が採用されていることが多いです。
ではなぜ、マンションに和室を採用しているのでしょうか。
以下では、その理由を説明します。

1つ目は部屋数を稼げるからです。
和室は開放感があり5畳ほどのスペースでも狭く感じにくい方が多いでしょう。
そのため、部屋数を稼ぐために、和室を採用することが多くなっています。

2つ目はアクセントを加えられるためです。
最近では昔ながらの畳だけでなく、琉球畳のようなおしゃれな畳もあります。
こういった畳を使うことで、部屋がより華やかになるでしょう。

□まとめ

今回は和室の必要性と、マンションに和室を取り入れるケースについてご紹介しました。
和室は色んな使い方ができ、あれば大変便利でしょう。
最近ではマンションに和室を取り入れるケースも多くなっています。
マンションのリノベーションをお考えの方はぜひ和室も検討してみてくださいね。