皆さんは今、住みやすい家に暮らせていると言えますか。
住みやすい家には条件があり、それを意識することでより快適に暮らせます。
今回は、住みやすい家の条件と、住みやすい家にするためのリノベーションのポイントをご紹介します。

□住みやすい家の条件とは?

住みやすい家を作るにはまずその条件を知ることから始めましょう。
以下では住みやすい家の条件をご紹介します。

1つ目は開放感がある空間であることです。
家に開放感があると、コミュニケーションがより円滑に進み、家族の雰囲気も明るくなります。
開放感を高めるためには、広いリビングにしたり、あえて部屋を1つ減らしたりすることなどが挙げられます。

2つ目は自分のライフスタイルに合っていることです。
家庭によってライフスタイルは異なります。
そのため、家庭の生活に合わせた家づくりをする必要があります。
ライフスタイルに合わせることで、負担が少なく、長く暮らしても飽きることがなくなるでしょう。

3つ目はフリースペースが設けてあることです。
家族との時間を楽しむことも大切ですが、1人の時間も大切にしたいという方が多いでしょう。
フリースペースを設けることで、自分の趣味に没頭できたり、1人でくつろいだりできます。
またお子さまが遊べるスペースとして利用するのも良いでしょう。

4つ目は収納と生活動線の効率が良いことです。
生活動線は暮らしの快適さや住みやすさに大きく影響します。
生活動線の効率が悪いと、普段の生活でストレスを感じることになってしまいます。
一方で、生活動線が整理されている家庭では、家族がスムーズに移動でき、ストレスを感じにくくなるでしょう。

また、収納もよく考える必要があります。
収納スペースが限られる場合は、屋根裏や階段下などのデッドスペースを上手に活用しましょう。

□住みやすい家にするためのリノベーションのポイント

リノベーションで住みやすい家にするために最も重要なポイントは、家事動線を考えることです。
炊事、洗濯、掃除などの家事をする際に通る家事動線を効率的に作ることで、負担を軽減でき時短につながります。

ここで注意すべきことは、家事動線はただ短ければ良いというわけではないことです。
複数の作業をスムーズにこなせるようにすることも大切です。
経路の途中で荷物を出し入れしたり、2つ以上の家事を同時にこなせたりするとより効率的です。
普段の生活を想像しながら、家事動線を考えましょう。

□まとめ

今回は、住みやすい家の条件と、住みやすい家にするためのリノベーションのポイントをご紹介しました。
住みやすい家を考える際には、今回説明した条件やポイントを参考にしてください。
マンションのリノベーションを検討中の方はぜひ当社までお問い合わせください。