皆さんはストレスフリーな生活を送れているでしょうか。
ストレスフリーな生活を送るためには、間取りが重要です。
適切な生活動線を考え、より快適な暮らしを実現しましょう。
今回はストレスフリーな生活と生活動線を考える上でのポイントをご紹介します。

□生活動線とストレスフリーな生活の関係性

生活動線とストレスフリーな生活は大きな関連があります。
そもそも生活動線に配慮した間取りとはどのようなものでしょうか。
以下では、生活動線とストレスフリーな生活の関係性について説明します。

生活動線とは、洗面やトイレ、浴室など家族が移動する経路のことです。
つまり、生活する中で必ず通る経路のことを指します。
似たような言葉に家事動線があります。

家事動線とは家事をするときに移動する経路のことです。
家事の効率を考える際にはこの家事動線を考える必要がありますが、家事動線のみを意識するとかえって生活しにくくなることがあります。

例えば、家事動線と生活動線が重なるような間取りだと、忙しい朝に家族の行き来が混雑し、ストレスを感じることがあるでしょう。
家事動線と生活動線を別々に考えすぎるのも良くありませんが、適度なバランスを保てるようにしましょう。
このように適切な生活動線を考えることがストレスフリーな生活の実現につながります。

□生活動線を考える上でのポイントとは?

炊事や掃除、洗濯など生活する上で家事は必ず行う必要があります。
少しでも効率よくこなすことで生活がより快適になるでしょう。
そのために、重要なのが動線です。
最後に、家事動線と生活動線を機能的に配置する上でのポイントをご紹介します。

1つ目は、家の快適さを決めるのは広さよりも動線だということです。
先ほど説明したように、生活動線と家事動線がうまく配置されていないと生活が不便になります。
生活動線と家事動線は互いに干渉しすぎず、適切な距離感があるルートになっていることが理想です。

2つ目は、重労働である洗濯の動線を工夫することです。
洗濯は作業が多く、最も負担が大きい家事と言えるでしょう。
具体的には洗濯機に洗濯物を入れ、それを干し、畳んで収納しなければいけません。
このように手間が多い洗濯の動線をできるだけ短くすることで、負担がかなり軽減されるでしょう。

□まとめ

今回はストレスフリーな生活と生活動線を考える上でのポイントをご紹介しました。
適切な生活動線を配置することでストレスフリーな生活を送れます。
今回説明したポイントをぜひ参考にしてください。
リノベーションをお考えの際はお気軽に当社までお問い合わせください。