皆さんのご家庭は生活動線を意識した間取りになっているでしょうか。
生活動線とはリビング、キッチン、トイレなどよく行き来する場所の経路のことです。
生活動線を考えることでより生活が快適になります。
今回は特に重要な生活動線と生活動線を考える上での注意点をご紹介します。

□特に重要な生活動線とは?

生活動線で特に重要なのは、玄関からリビングまでの距離とその経路です。
玄関は家の入り口であるため、必ず通りますし、最も利用する場所と言って良いでしょう。
そのため、生活動線を考える上で最も重要なポイントとして挙げられます。
そして、玄関とつながりの強いリビングも同様に重要度が高くなります。

玄関とリビングの距離が遠いほど、行き来に時間がかかり疲れてしまいます。
毎日、買い物の荷物を運ぶのも苦労するでしょう。

しかし、玄関とリビングの距離を近くすることで、今まで億劫だと感じていた移動も感じ方が変わるでしょう。
それほど、普段何気なく利用している経路が生活に大きな影響を与えます。

玄関とリビングまでの距離は外出や帰宅の際にもよく通りますし、トイレがあれば尚更よく通ることになります。
そのため使用頻度が高い廊下が長ければ移動時間が伸び、その分、疲れてしまいやすくなるでしょう。
老後のことも考慮すると、玄関とリビングの経路はよく考え、改善する必要があります。

□生活動線を考える上での注意点について

生活動線を考える際には、生活を想像し、移動ルートを逆算して考える必要があります。
以下では生活動線を考える上での注意点を3つご紹介します。

1つ目は生活動線と家事動線を近づけすぎないことです。
家事動線とは料理や洗濯、掃除など家事をする際の人の動きを線に表したものです。
この家事動線と生活動線が近いと、家族が移動する際にぶつかったり邪魔になったりします。
そのため、2つの動線はある程度距離を離すと良いでしょう。

2つ目は家事動線を先に決めることです。
その理由は家事動線の方が、経路が限定的になるためです。
そのため、家事動線を決めた後に、生活動線を考えると良いでしょう。

3つ目はキッチンの形や位置を考慮することです。
キッチンは日常的に使う場所であり、その分出入りが多くなります。
そのため、玄関からキッチン、リビングからキッチンの出入りが楽になるように、キッチンの位置や形を工夫すると良いでしょう。

□まとめ

今回は特に重要な生活動線と生活動線を考える上での注意点をご紹介しました。
玄関からリビングまでの経路をよく考えることで生活がより快適になるでしょう。
中古住宅のリノベーションをお考えの際はお気軽に当社までご相談ください。