衣服の片付けにお困りの方はいらっしゃいませんか。
特に家族と住んでいる方は、片付けの際1人1人衣服を分ける必要があります。
そこで今回は、クローゼットごとの違いと、ファミリークローゼットのメリットをご紹介します。

□クローゼットごとの違いとは?

クローゼットと言っても、いくつか呼び方が異なるものがあります。
例えばウォークインクローゼットは、出入り口が1つの大型収納です。
またウォークスルークローゼットは、出入り口が2つ以上あり通り抜けできる大型収納です。

加えてファミリークローゼットは、家族全員の衣類や荷物を1か所にまとめた大型収納です。
ファミリークローゼットをご検討の方は、入り口をいくつにするか、どこに配置するかまで考えると良いでしょう。

□ファミリークローゼットのメリットをご紹介!

ファミリークローゼットは、2つの動線を短縮するメリットがあります。

1つ目は、家事動線の短縮です。
衣服が関係する家事を細分化すると、洗濯機を回すこと、洗濯物を干すこと、洗濯物を畳んでしまうことなど、3段階以上になります。
それぞれの部屋に持っていき、それぞれのクローゼットに片づけるのは手間がかかります。
また2階建て以上のお家の場合、洗濯物を片付けるために階段の昇り降りもしなければなりません。

一方で、ファミリークローゼットがあれば、それぞれの部屋に持っていく手間が省けます。
さらにランドリールーム、洗濯物を干す場所、ファミリークローゼットを並ぶような間取りにすることで、家事動線を短縮できます。
家事時間を短縮できるので、その分、自由な時間も生まれます。

2つ目は、生活動線の短縮です。
私たちは衣服を朝クローゼットから取り出し、帰ってきたら洗濯機に入れ、洗濯機を回した後は、ベランダや室内の干し場で干し、クローゼットに戻します。
1日で衣服は家のあらゆる場所に移動するため、衣類を紛失してしまう場合もあります。

そこで、ファミリークローゼットの出番です。
クローゼットとランドリールーム、洗濯物を干す場所、さらに玄関をつなげることで、衣服をそれ以上移動させる必要がなくなります。
家事導線と同じように、生活動線も短縮してくれます。
また片付けを後回しにすることが減り、部屋をきれいな状態で保てます。

□まとめ

今回は、クローゼットごとの違いと、ファミリークローゼットのメリットをご紹介しました。
ファミリークローゼットは、家族構成や家事・生活導線を考慮して設計できます。
当社では、設計デザインから工事後のアフターサポートまで行なっておりますので、ぜひお問い合わせください。