窓の断熱性が低く、夏や冬の生活にお困りの方はいらっしゃいませんか。
窓の断熱性を高めることで、より快適な住まいを実現できるだけでなく、結露も防げます。
今回は窓の断熱性を高める重要性と効果的な断熱対策についてご紹介します。

□窓の断熱性を高める重要性とは?

部屋の寒さ対策や暑さ対策に欠かせないのが、窓の断熱性を高めることです。
以下では窓の断熱性を高めることによって得られる効果をご紹介します。

*部屋の暖房効率を上げられる

窓の断熱性を高めることで、暖房効率を上げられます。
断熱対策をしていない窓は、熱の伝導効率が高いため、暖かい空気が外に逃げやすくなります。
その結果、暖房を使用してもなかなか部屋が温まらないといった問題が発生します。

一方で、断熱対策をしている窓は暖かい空気を外に逃がしにくくなります。
暖房効率が上がれば、電気代やガス代の節約にもつながるため一石二鳥と言えるでしょう。

窓の断熱性を高めるためには「空気層」を作ることがポイントです。
空気はガラスよりも熱伝導率が低いため、断熱窓にも用いられています。

*結露を防止できる

結露は冬に発生しやすいですが、窓の断熱性を高めることで結露も防げます。
結露はシミやカビの原因になるため、早めに対策する必要があります。
結露は室外と室内の気温差によって発生するため、窓の断熱性を高めることが効果的です。
この対策で冷たい外の空気が室内に入りにくくなるため、結露が発生しにくくなります。

*窓サッシの対策をする

一般的な窓サッシはアルミ製です。
しかし、アルミサッシは熱伝導率が高く、冬は室内が冷たくなり、夏は暖かくなります。
そのため、窓の断熱効果をさらに高めるためにも、サッシの対策もしておくと良いでしょう。

□リフォームでできる断熱対策

リフォームでできる断熱対策は断熱対策用の窓ガラスを取り付けることです。
断熱効果のある窓ガラスは大きく3種類あります。
夏の日差しを防ぐ「熱線反射、熱線吸収ガラス」、空気層を作る「ペアガラス」、サッシにペアガラスを入れる「リフォーム用ガラス」です。
どのガラスも断熱効果がありますが、マンションの窓はマンション全体の所有物であるため、取り付ける際には許可が必要な点に注意しましょう。

□まとめ

今回は窓の断熱性を高める重要性と効果的な断熱対策についてご紹介しました。
窓の断熱性を高めることで、夏や冬をより快適に過ごせます。
ただしマンションの窓をリノベーションする際には許可が必要なため注意してくださいね。
マンションのリノベーションでお困りの際はぜひ当社までお問い合わせください。