中古住宅の購入をお考えの方の中には、物件の選び方が分からずに困っている方も少なくありません。
実は、物件を選ぶ方法の1つに、築年数から物件を選ぶ方法があります。
今回は、築年数から考えるねらい目の物件と中古住宅購入時の注意点を解説します。

□築年数15年前後がねらい目?その理由を解説します!

中古住宅は、築年数が経つほど価値や品質が下がる傾向にあります。
築年数が経てば建物は古くなり、価値も下がるのは当然のことでしょう。
そのため、築年数の経った建物ほど、価格は低くなります。
中古住宅の中でも、価格と品質のバランスが良いのは、築15年程度の物件です。

実は、築15年程度の住宅は、建物がそれほど古くない場合が多いため、設備の交換も必要ないことが多いです。
築年数がこれ以上経った住宅では、雨漏りをはじめとした住宅のトラブルが起きやすくなり、修繕費用がかさむ場合もあります。

購入時のリフォームに多額のお金をかける必要もないため、総合的なコストで見たとき、築15年程度の物件は良い選択だと言えるでしょう。
一般的に、住宅の価値は新築直後に急激に下落し、築10年あたりでもう1度急激な下落が起きます。

これは住宅の品質で判断されて価値が下落するのではなく、10年という節目が大きく関わっています。
そのため、築10年の住宅と築15年の住宅では、品質に価格の差ほどの違いはなく、築15年の物件の方がコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

耐震基準の観点からも、築15年程度の住宅はお得だと言えます。
築15年程度の住宅は、現在の耐震基準が施行されてから建てられています。
そのため、現在の新築住宅と変わりない基本性能が備わっているため、お得であると言えるでしょう。

□どのような良い住宅でも注意が必要!購入時の注意点を解説します!

中古住宅を購入する際には、住宅ローンに注意しなければなりません。
通常の住宅ローンが基本的に35年であるのに対し、中古マンションの場合、返済期間は15年から25年と比較的短い傾向にあります。
返済期間の築年数に対する基準は公表されていません。
金融機関によって返済期間にも違いがあるため、事前に確認しましょう。

□まとめ

今回は、築年数の観点から、お買い得な中古物件について解説しました。
中古住宅を選ぶ際に、選ぶポイントに築年数を含めていただけますと幸いです。
どんなにお買い得だと思った物件でも、希望通りの資金計画が立てられるかどうかは確認しましょう。