マイホームの購入やリフォームをお考えの方は、キッチンの種類ごとの違いを知らずにキッチンを選んでいませんか。
それぞれメリットがあるため、自分の生活スタイルにあったキッチンを知ることで、キッチン選びがスムーズになるでしょう。
今回は、2種類のキッチンにおけるメリットを解説します。

□対面キッチンのメリットとは?

対面キッチンとは、キッチンとリビングが壁で区切られていないキッチンのことを指します。
カウンターキッチンも対面キッチンの1つです。
壁で区切られていたり、壁に向かってキッチンが備え付けられていたりする場合に比べて、作業中でもリビングにいる人とコミュニケーションが取りやすい点がメリットと言えます。

また、比較的壁が少ないため圧迫感がなく、開放的な空間になる点もメリットです。
対面キッチンの中でも、キッチンが壁から離れているアイランドキッチンは、特に開放感のあるキッチンと言えるでしょう。

壁付けキッチンの場合、横移動のみで作業することになりますが、対面キッチンの場合、作業している側と反対側にもスペースがあるため、前後に移動して作業できる点もメリットです。
作業効率が上がるだけでなく、使えるスペースも広くなります。

□カウンターキッチンとは?メリットを解説!

カウンターキッチンとは、対面キッチンの中でも、ダイニングとの間にカウンターが設けられたものを指します。
そのため、基本的には対面キッチンの特徴と似ており、メリットとデメリットも共通するものがあります。

コミュニケーションが取りやすいだけでなく、カウンターがあることで配膳や後片付けがしやすいことがメリットです。
作業スペースとして、洗い終わっていないお皿を置いておくスペースとしても活用できるため、使い方によって柔軟に活用できます。

一方で、はねた油や水で床を汚しやすいことや、小さな子供がキッチンに入ってきてしまうと、様子が分かりにくくなってしまうといったデメリットがあります。
ただ、これらのデメリットは対面キッチン全体で共通することのため、メリットの数だけで考えると、通常の対面キッチンより優れていると言えるでしょう。

□まとめ

今回は、対面キッチンとカウンターキッチンのメリットを解説しました。
2つのキッチンは完全に別物というわけではなく、カウンターキッチンの1つです。
しかし、カウンターキッチンは、対面キッチンの中でも特有のメリットを持っています。
それぞれの違いについて知りたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。