夏になると、外は風が吹いていて涼しいのに、家の中は暑い日がありますよね。
暑さでなかなか寝つけなかったり、家にいても休めなかったりしては困ります。
なぜ家の中の方が暑い日があるのでしょうか。
今回は、外は涼しいのに家の中が暑い理由や、その対策について解説します。

□外は涼しいのに部屋が暑い理由とは?

1つ目の理由は、窓の配置です。
日中に光が入りやすい窓は、南向きの窓です。
窓から入る光によって室温が外気温を上回るケースもあり、外気温より3度以上高くなることもあります。
家を建てる上で、多くの日光を取り込むことは大切ですが、夏の暑さ対策には十分気を付けなければなりません。

2つ目の理由は、天井や壁にこもった熱です。
建材にもよりますが、鉄筋やコンクリートなどの素材は、熱がこもりやすい傾向にあります。
夜間でも室内が暑い場合、昼間の日光によって天井や壁にこもった熱が夜間に部屋を暑くしている可能性があります。
特にマンションの最上階のような日光を直接受けるケースでは、夜間に部屋が暑くなるため、注意が必要です。

3つ目の理由は、電化製品や照明の熱です。
家電からは、部屋を暖めるほどの熱が放出されています。
特に熱を放出する家電が多い部屋の場合は、この現象が起きやすいです。

照明器具の熱も無視できません。
照明器具の中でも、白熱電球は多くの熱を放出します。

□クーラーに頼らない暑さ対策とは?

暑さ対策をする上で最も大切なのは、熱がこもった空気を冷やすのではなく、外に逃がすことです。
そのために有効な対策は、換気です。
部屋の対角線上の窓を開けて、空気の通り道を作ることで熱を逃がせます。
さらに効果的に換気する場合、風が入ってくる方の窓を少しだけ開けて、風が出る方の窓を全開にしましょう。

扇風機の活用も、有効な手段です。
温まった空気は天井付近に溜まりやすいため、換気では空気が逃げない可能性があります。
そこで、扇風機の風を天井に向けて当てることで、空気の循環を狙います。
換気とともに活用して、部屋全体の空気を混ぜ、その空気を外に逃がすことで部屋全体の空気を入れ替えましょう。

□まとめ

今回は、外が涼しいのに室内が暑くなる原因や、その対策方法について解説しました。
それぞれについて理解していただけましたでしょうか。
紹介した方法を活用して、夏の暑さを乗り切る助けになりましたら幸いです。
また、マンションのリノベーションについて相談したい方は、ぜひ当社までご相談ください。