家事室と聞いたことはあっても、具体的に何をする部屋なのか知らない方は多いでしょう。
この記事では、家事室について解説します。
家事室を設けたいとお考えの方は、ぜひお役立てください。

□家事室とは何?

家事室とは、主にアイロンがけ・洗濯・PC作業・裁縫など、家事作業を行うための部屋のことです。
家事をする場所として認識されていますが、家事室という名の奥様専用の趣味部屋として設ける方もいらっしゃいます。
多くの方は家事専用の部屋として設けています。

家事室を設けた際に使いにくかったり使わなくなったりするなど、失敗したくありませんよね。
次の項で家事室の間取りを成功させるためのポイントを解説します。

□家事室の間取りを成功させるためのポイントとは?

1つ目は、家事室の広さについてです。
広さを決める際は、何をする場所なのかを明確にする必要があります。

なぜなら、何をする場所なのかによって、必要な設備や広さが異なるからです。
例えば、洗面脱衣所やデッキの近くに設けることが多いランドリールームタイプの場合は、3畳から4.5畳ほどの広さを確保すると使いやすいです。

2つ目は、作業台や机の選び方です。
家事室に設ける作業台や机に関しても、室内でやりたいことを明確にして決めるようにしましょう。
家電も使用する場合は、コンセントの数や位置も考慮すると良いでしょう。
やりたいことを明確にしてから決めることで、使いやすい家事室にできます。

3つ目は、収納についてです。
家事室で最も多い失敗は、収納が足りないことです。
収納が足りないと、市販のボックスや棚を置かなければいけないため、家事室が狭くなってしまいます。

狭くなると使いづらくなってしまうでしょう。
このような失敗を避けるために、設計段階から収納スペースを見込んで考えることがおすすめです。

4つ目は、部屋の位置と風通しについてです。
家事室を室内物干しスペースとして使う場合は、部屋の位置や風通しを考慮する必要があります。

例えば、日中に窓から日差しが入ってきやすくしたり、出入口を引き戸にして風通しをよくしたりすると、衣類が乾きやすくなります。
換気扇や壁付けの扇風機を設置することもおすすめです。

□まとめ

今回は家事室について解説しました。
家事室は設ける人によって用途が異なります。
主に家事をする部屋として設けられ、洗濯を行う場所とする方が多いです。
マンションのリノベーションで家事室を設けたいとお考えの方は、ぜひ当社までご連絡ください。