近年テレワークする方が増えてきましたよね。
その影響からか、リノベーションする際に書斎を設けたいという声をよく聞きます。
書斎を取り入れる際に、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。
この記事では、書斎を取り入れる際のアイデアとポイントを解説します。

□リノベーションで書斎を取り入れる際のアイデアとは?

書斎を取り入れる際にどのようなアイデアがあるのか知りたいですよね。
さまざまなアイデアがありますが、ここでは3つのアイデアを解説します。

1つ目は、スキップフロアで空間を仕切るアイデアです。
スキップフロアとは、1つの階層に複数の高さのフロアが設けられた間取りのことです。
書斎をスキップフロアにすることで、家族の様子も感じながら仕事をできます。

2つ目は、寝室の隅に書斎スペースを設けるアイデアです。
昼間に寝室を使う方は少ないでしょう。
そのため、寝室を書斎スペースにすることで有効活用できます。
ドアを閉めれば防音できるので、寝室を有効活用して作業に集中したい方におすすめです。

3つ目は、畳で和室書斎にするアイデアです。
畳の匂いには、リラックス効果があります。
また、仕事に集中して疲れた際に、横になって休憩できます。
作業の合間に休養を取ることで、仕事の効率も上がるでしょう。

□書斎を取り入れる際のポイントとは?テレワークする方必見!

初めて書斎を取り入れる方は、どのようなポイントに気をつければ良いかご存じでしょうか。

まずは、書類や仕事道具がどのくらいあるのか把握することです。
書斎を設けても収納場所が少ないと、散らかってしまって集中できなくなる可能性があります。
そのような事態を防ぐために、事前に書類や仕事道具の量を把握しましょう。

次に、どのくらい密閉する必要があるのか確認することです。
書斎のタイプは、個室タイプ・半個室タイプ・オープンスペースの3つに分けられます。
誰にも作業を邪魔されたくない方は個室タイプ、少し人肌を感じながら作業したい方は半個室タイプがおすすめです。
一方で、家族と会話したり、お子様の様子を確認したりしながら作業したい方はオープンスペースにすると良いでしょう。

最後に、コンセントの数や位置です。
書斎ではパソコンやスマートフォンなどを使う方が多いです。
そのため、事前にチェックしていないと、コンセントの数が足りなかったり、位置が悪かったりするという問題が生じます。
そのような問題が起きないようにコンセントの量や位置に注意しましょう。

□まとめ

この記事では、書斎を取り入れる際のアイデアとポイントを紹介しました。
書斎を取り入れる際は、本記事で紹介したポイントを参考にしていただけると幸いです。
また、リノベーションをお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。