家を決める際に重要なポイントとして、

キッチンが挙げられます。

キッチンは毎日使用すると言っても過言ではないため、

重要視する方が多いです。

そこで今回はシステムキッチンの種類や選び方について紹介します。

□システムキッチンとは?種類について紹介!

システムキッチンと一口に言っても、

どのような種類のものがあるのか分かりませんよね。

そこでまずは、システムキッチンの種類を2つ紹介します。

*対面キッチン

対面キッチンとは、

リビングやダイニングを見渡せるキッチンのことです。

キッチンで作業しながら、

テレビを見たり家族と話したりできるため、人気の高い種類です。

対面キッチンは大きく分けて5つの種類に分けられます。

ここではそのうちの2つを紹介します。

1つ目は、アイランドキッチンです。

これはキッチンが壁と接しておらず、

島のように独立しているタイプのことです。

開放感があり、

リビングにいる人と会話しやすいという特徴があります。

2つ目は、ペニンシュラキッチンです。

これはキッチンの左右どちらかが壁に接しているキッチンのことです。

片方が壁に接しているため、

アイランドキッチンよりもコンパクトな設計にできるメリットがあります。

*壁付けキッチンについて

壁付けキッチンとは、

キッチンの全面が壁に接しているタイプのことです。

リビングやダイニングにいる人と会話をするには不向きですが、

一方で、料理に集中しやすいメリットがあります。

料理が好きな方や、1人で黙々と料理したい方におすすめです。

□形の種類を決める際のポイントとは?

前述したようにキッチンの種類は多く、

キッチンを選ぶ際に悩んでしまうという声はよく聞きます。

ここからはそのような方に向けて、

キッチンを選ぶ際の決め手となるようなポイントを紹介します。

まずは、欲しい設備をリストアップすることです。

キッチンにどのような設備が欲しいのかをリストアップしましょう。

欲しい設備を明確にすることで、

より使い勝手の良いキッチンが選べます。

次に使いやすい高さにすることです。

高さが合っていないと、すぐに疲れてしまいます。

料理は時間がかかる作業なので、

体に負担のかかりにくい高さにすることがおすすめです。

一般的には身長を2で割って、

5〜10センチ足した高さが良いと言われています。

最後は、実際に触れてみることです。

実際に触れてみると、

確実に使いやすいかどうかが分かるでしょう。

□まとめ

今回はシステムキッチンの種類や選び方を紹介しました。

システムキッチンは大きく分けると、

対面キッチンと壁付けキッチンがあります。

キッチンを選ぶ際は、

使いやすい高さにしたり実際に触れてみて

必要な設備を明確にしたりすると良いでしょう。

キッチンについて相談したい方は、

ぜひ当社までご相談ください。