近年ではスリムなデザインを活かして、

テレビを壁掛けにすることが注目されています。

しかし、費用や配線、設置場所の問題から、

壁掛けをためらう方は少なくありません。

今回は壁掛けテレビのメリットとデメリットを解説します。

ぜひお役立てください。

□壁掛けのメリットとデメリットを解説します!

壁掛けテレビのメリットは、主に2つあります。

1つ目は、部屋を広く使える点です。

通常の場合、テレビを設置する際は

テレビボードと呼ばれるテーブルのようなものの上にテレビを設置します。

テレビが薄型でも、薄型のテレビボードは少ないです。

そのため、この設置方法はスペースを取ってしまいます。

一方で壁に掛けた場合、テレビボードは不要のため、

部屋を広く使えるでしょう。

テレビの薄さを活かした設置方法だと言えます。

2つ目は、見た目がスタイリッシュな点です。

テレビボードを設置する無駄なスペースがなくなり、

見た目もスッキリします。

特に壁面が調湿建材の場合、テレビとの相性が良いため、

空間にマッチした仕上がりになります。

これらのメリットがある一方で、

デメリットも2つありします。

1つ目は、壁によってはテレビを設置できない点です。

テレビはおよそ20キログラム以上あるため、

それに耐えられる壁でなければ設置できません。

例えば、土壁は強度が低いため、

対策しなければ壁掛け設置が難しい場合があります。

2つ目は、設置費用がかかる点です。

壁掛け設置の場合、追加の設置費用がかかってしまいます。

自分でも設置できますが失敗するリスクもあるため、

基本的には設置を依頼すると良いでしょう。

ただ、テレビボードを購入する費用を抑えられるため、

大きなデメリットではないと言えるでしょう。

□後悔しないために重要なポイントを解説します!

壁掛けテレビにおいて、配線は重要な項目でしょう。
新築住宅にテレビを設置する場合、壁に配線を埋め込めます。

テレビボードに設置していたテレビを壁掛けにする場合、

配線カバーを使うか、1度壁をはがして配線を埋め込む必要があります。

そのため、入念に配線計画を立てておかないと、

配線が見苦しくなってしまう場合があります。

□まとめ

今回は壁掛けテレビのメリットとデメリットについて解説しました。

設置場所を選ぶ壁掛けテレビですが、

その恩恵は大きいと言えるでしょう。

この記事がお役に立てますと幸いです。

また、壁掛けテレビについて相談したい方は、

ぜひ当社までお問い合わせください。