「横浜には坂が多いのかどうか気になる」

「横浜は住みやすいのか気になる」

このような考えをお持ちの方はいらっしゃるでしょう。

横浜の坂や住みやすさについて気になりますよね。

そこで今回は横浜に坂は多いのか、

中区と西区は住みやすいのかについて解説します。

横浜で住まいをお探しの方のは、ぜひお役立てください。


□横浜には坂が多いのか?

結論からいうと、横浜は坂が多いです。

東京のお客様が横浜の物件を見学にこられると、

坂の多さにおどろかれる方もいらっしゃいます。

その理由は、地形が複雑で起伏に富んでいるからです。

横浜市は多摩と三浦丘陵の中央部に位置していて、

主稜線が横浜市の中央部よりも西側をほぼ南北に縦断しています。

そのため、主稜線が分水嶺となり、

ここを源流として東京湾や相模湾に複数の川が流れています。

低い丘陵が連なって短い河川や海に向かって反り返る崖からなる地形によって、坂が多いのです。


□横浜はどこが住みやすい?中区と西区が住みやすい理由を解説します!

横浜は坂が多く、住みやすいのかどうか気になりますよね。

坂が多くても住みやすい地域はあります。

ここでは中区と西区が住みやすい理由を3つ解説します。


①交通網が発展している

中区は関内や桜木町、横浜駅へのアクセスに優れています。

西区は横浜交通網の中心の横浜駅があります。

そのため、都心や県内、市内の移動が容易であり、人気が高いです。

電車だけでなく、路線バスも充実しているため、移動には困らないでしょう。


②子供の遊び場が充実している

中区には本牧山頂公園や根岸森林公園があります。

この2つの公園は子供たちが集まる遊び場です。

特に週末や祝日には家族連れで賑わう場所です。

また、西区には野毛山動物園や野毛山公園があります。

みなとみらい21地区を見下ろせたり、

動物たちと触れ合えるため、人気のスポットです。


③魅力的に進化し続けている

西区の横浜駅周辺は、常に工事が行われていて進化し続けています。

実際に2020年には横浜駅西口に高層ビルの「JR横浜タワー」ができています。

さらにみなとみらい21地区へのアクセス強化もしており、

今後も発展を続けていくでしょう。


□まとめ

今回は横浜に坂は多いのか、

中区と西区は住みやすいのかについて解説しました。

横浜に坂は多いのか、

中区と西区は住みやすいのかについて理解していただけましたか。

横浜に住むかご検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

また、横浜の住まいについて相談したい方は、

当社までお気軽にご相談ください。