「神奈川区の松が丘の住みやすさについて知りたい」

このようにお考えの方へ、今回は、松が丘の住みやすさや周辺環境、

街づくりプランについてご紹介します。


□松が丘の住みやすさと周辺環境について

神奈川区は、江戸時代に東海道の神奈川宿があったことから交通の拠点とされていました。

臨海部に日産自動車、JXエネルギーなどの工場があります。

この地域は、京浜工業地帯の一角として発展してきた区です。

横浜駅の北側にあり利便性が高いといえるでしょう。

海側は、商業施設やオフィスビルが多く立ち並んでいます。

内陸部は、住宅地や農地が広がっています。

臨海部、海側、内陸部とさまざまな環境を併せ持つといえるでしょう。

臨海部からは起伏に富んでいて、市内で屈指の高低差がある区です。

近年では、大型商業施設が多くなっていますが、

商店街の賑わいも昭和時代の趣を残したまま賑わい続けています。

海側を中心に交通が発達していますが、内陸部もバスや車の利用が中心になっています。

それに加えて、ますますの交通の利便性も期待されていますよ。


□松が丘の街づくりプランについて

1つ目は、大規模地震に備えることです。

発生時の避難をスムーズにできるようにします。

また、経路の安全性の向上を行い、

避難経路の安全性を確保できるように進めていますよ。

2つ目は、火災に備えることです。

まち全体で火災に備える対策を講じます。

地域消防隊を創設し、スタンドパイプ型の消火ホースを活用します。

火災に備えるプラン図もあるのでチェックしましょう。

3つ目は、交通災害に備えることです。

通過車両が多く、特に危険度が高い道路を始め、

歩行者にとって不安がある道路の安全な交通環境を進めています。

区域内を車で走る際は、出す速度を決めたり徐行したりするように進め、

周辺住宅に配慮するような取り組みを行うなどが挙げられるでしょう。

4つ目は、自助・共助・近助が可能な体制をつくることです。

大規模災害の際は、お互いが助け合いながら

自分で自分の身を確保できるようにしなければいけませんよね。

そのため、自助・共助・近助が可能な体制をつくることを進めています。

また、耐震診断や耐震改修を行なったりコミュニケーションの活性化を行なったりしています。


□まとめ

今回は、松が丘の住みやすさや周辺環境、街づくりプランについてご紹介しました。

当初のお悩みや疑問点は解消されたでしょうか。

松が丘は大規模災害や交通災害にも備えていて

交通の利便性にも期待されていますので、ぜひ松が丘までお越しください。