家の間取りを決める時、収納はいくつ配置すればいいのかと疑問に思う方も多いでしょう。
そこで今回は、家に収納が多くある場合のメリットと収納が多い家をつくる際の間取りのポイントについて紹介していきます。

□収納が多い家のメリットとは

1つ目のメリットは、おしゃれな状態を維持できる点です。
部屋がきれいでも、収納にモノが詰め込まれすぎているとせっかくのきれいな部屋が台無しです。
ですが、収納を多めに設けておけば収納にモノがパンパンに詰められているという状態にはなりにくく、きれいでおしゃれな部屋を維持できます。
使いやすい収納を多めに設け、余裕を持って収納することを意識しましょう。

2つ目のメリットは、家族のライフスタイルの変化に対応しやすい点です。
子どもが学校に通い始めたり、習い事や部活動を始めるタイミングで、練習道具や衣類などの荷物が一気に増える可能性があります。
このような変化にも、収納を前もって多く設けておけば上手に適応できるのです。

3つ目のメリットは、掃除が楽になる点です。
収納を多く設けておけば、床にモノが散らかっている状態になりにくいです。
そのため、モノを片付けながら掃除をすることがなくなり、ストレスなく掃除を行えます。
また、モノが散らかった状態だとホコリも溜まりやすいので、その事態も未然に防げます。

□収納が多い家をつくる際の計画のポイントとは

収納スペースの計画で重要なのは、「収納量」と「収納物に適した位置」です。
住戸面積に対する収納量の目安のようなものはありますが、各家庭によって収納量は様々なので、各家庭に合わせた間取りをカスタマイズするべきでしょう。
ただ、スペースがあるとモノをため込んでしまうのが人間です。
あえて収納スペースを多く設けないという選択肢もあるので、各家庭でよく検討してみてください。

どの収納をどこにおくかについても十分な検討が必要です。
新居での生活が始まってから「これをしまうスペースがここにあれば・・」といったことにならないようにしたいですよね。
例えば、キッチン横に食品庫、玄関横に屋外物品収納庫、玄関近くにコート収納庫というように、より便利で生活しやすい収納の配置を前もって考えておきましょう。

□まとめ

今回は、収納が多い家のメリットと収納スペースの計画のポイントについて紹介しました。
家の中を綺麗に保つには、収納の数は多いほうに越したことはありません。
収納の数が多い物件を探しているという方は、ぜひ当社にご相談ください。
理想の住まいを見つけるサポートをいたします。