家事といっても色々ありますが、なかでも洗濯は面倒だと感じる作業の1つではないでしょうか。
洗濯物を干す、取り込む、たたむなど時間と体力が必要になります。
そこで今回は、洗濯家事に役立つ「ランドリールーム」についてメリットもあわせて紹介していきます。

□ランドリールームとは

ランドリールームは日本語に直すと「洗濯室」で、その名の通り洗濯家事をするための部屋です。
ランドリールーム内には、洗濯機、乾燥機、アイロンのための台、室内干しスペース、衣類ケースや棚、ハンガーポールなどの収納スペースといった設備が用意されます。
場所としては、洗面脱衣所の隣であったり洗面脱衣所内に設置されることが多いです。

しかし、ランドリールームの配置を決める時は、家事の動線を考慮する必要があります。
動線を確保できていないなど、配置次第では洗濯家事の効率が下がりかねないのでご注意ください。
似ているものに、「サンルーム」というものがあります。

サンルームは屋根や壁をガラス張りにするなどして自然光が多く入るように作られた部屋で、洗濯物を干す以外にもくつろぐための場として設置されますが、ランドリールームは洗濯に関する家事専用のスペースであるという点で、サンルームとははっきりとした違いがあります。

□ランドリールームを設けるメリットとは

*洗濯家事の効率の向上

ランドリールームには上記で述べたような設備があるため、「洗う、干す、取り込む、アイロンがけ、たたむ」という一連の流れがランドリールーム一室ですべて済むというメリットがあります。
洗濯機のある部屋から物干しまでの移動がなくなるなど、無駄な移動が省かれるので洗濯家事の効率がアップします。

*室内干しが快適に

室内干しを快適に行えるというメリットもあります。
室内干しをすると、リビングが乱雑になったり、湿気で不快な思いをしますが、ランドリールームがあればそのような悩みは解決します。

また、天気の悪い日でも関係なく洗濯物を干せるので、好きなタイミングで洗濯ができます。
帰宅すると既に日が落ちている、花粉やPM2.5が気になるなどの理由で、室内干しがメインになる家庭の場合は、生乾きを防いでしっかり洗濯物を乾かせるのでランドリールームは特に重宝されます。

□まとめ

今回はランドリールームの特徴について紹介しました。
ランドリールームを設置するとなると建築コストは高くなりますが、室内干しがしやすくなるなどのメリットはやはり大きいです。
共働き世帯の方や家事を効率化したい方は、ランドリールームの設置を検討してみてはいかかでしょうか。