「4人家族で住む場合収納スペースは何畳くらい必要になるのかな」
「4人家族で住む家の間取りはどういったことに気をつければ良いのだろう」
このようにお考えの方は多いでしょう。
家族の人数で必要な収納や適切な間取りは変わります。
そこで今回は、4人家族に必要な収納の目安と家の間取りで気をつけることを紹介します。

□4人家族で必要な収納の目安とは

ここでは4人家族で必要な収納の目安をご紹介します。

基本的に、1人あたり2畳の収納スペースがあれば困ることはありません。
実際、1人暮らしのワンルームで生活している方は、0.75畳~1.5畳ほどの収納で暮らしています。
また、2人暮らしの2DKである場合でも、1~1.5畳ほどの収納が2つある程度です。

そのため、大人であれば1~1.5畳、子どもであれば0.5畳ほどの収納を確保しておけば上手く片づけられるはずです。
しかし、余裕を持って収納を確保しておきたい場合は、子供も含め各1.5畳から2畳ほどの収納を確保しておくと良いでしょう。

ただ、これらは目安であるため、リノベーションや新築する際に確保しておく収納の量は、現在の収納量をベースに考えることが大切です。
子どもの収納は今後大きくなることも考慮して設けておくことをおすすめいたします。

□4人家族の家の間取りで気をつけるべきこととは

ここでは4人家族の家の間取りで気をつけるべきことについてご紹介します。

間取りや部屋の広さを考える際には、これから先のライフステージの変化を考慮する必要があります。
例えば、子どもが小さい間は目の届きやすいような子供部屋の配置が良いですが、子どもが大きくなるとプライベートを保てるような空間が必要です。

また、子どもが独立することも考慮し、子どもの部屋が使われなくなった際の使い道も考えた上で間取りを考えておきましょう。
家族の人数が減った際に、使わない部屋がただポツンとあるより、間仕切り壁を取り払って1つの大きな部屋にした方が有効的に使えます。

つまり、間取りに関しても、収納を考える際と同じように生活をしていくうえでの変化に対応できるようなものにすることが重要というわけです。

□まとめ

今回は、4人家族に必要な収納の目安と家の間取りにおける注意点ついてご紹介しました。
1人あたり1.5畳から2畳ほどの収納を確保すれば、余裕を持って収納できます。
また、収納や間取りにおいて重要なのは、今後のライフステージを考慮して決めることです。
リノベーションをお考えの方はぜひ当社までお問い合わせください。