「中古マンションのリノベーションを考えているけれど洗面所の広さはどれくらい必要だろうか」
このようにお悩みの方は多数いらっしゃるでしょう。
そこで今回は、脱衣所や洗面所の広さの考え方と、広さの目安についてご紹介します。

□脱衣所や洗面所の広さの決め方とは

ここでは脱衣所や洗面所の広さの決め方についてご紹介します。
脱衣所や洗面所の広さの決め方は3つあります。

1つ目の決め方は、洗濯機や洗面所などの設備の大きさに合わせて決める方法です。
洗濯機や洗面所が設置できたうえで、使用上不便な部分が無いことが最低条件として挙げられます。
洗濯機の基本寸法は幅が64~73センチメートル、奥行きが60~62センチメートルです。
それに対し、洗面台の基本寸法は、幅が75センチメートル、奥行きが50センチメートルです。

ただ、ドラム式の洗濯機であれば縦型に比べてサイズが大きいため、注意が必要でしょう。

2つ目の決め方は、家族構成によって決める方法です。
家族が多ければその分洗濯機のサイズや収納スペースが必要になります。
そのため、通常の広さよりも広めにとっておく必要があります。
朝は身支度で洗面所が混み合う可能性が高いため、混み具合も考慮したうえで考えましょう。

3つ目の決め方は、室内に干すスペースを設けるかどうかで決める方法です。
室内に洗濯物を干すスペースを設ける場合、脱衣所か洗面所に設けることが多いです。
そのため、洗濯物を干すスペースを設けるとなると通常より広いスペースが必要でしょう。

□洗面所の広さの目安とは

ここでは洗面所の広さの目安をご紹介します。

洗面所は基本的に、家族以外が出入りすることはほとんどありません。
そのため、狭くて問題ないと考える方が非常に多いです。
しかしながら、ストレスなく使うためにはある程度余裕を持たせてスペースを設けることが大切です。

洗面所の平均的な広さは1坪です。
この平均的な広さである1坪は確保しておけば、洗面台や洗濯機を問題なく配置できるでしょう。
ただ、収納を設けてゆとりあるスペースにするのであれば、1.25坪以上の広さを確保しておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、脱衣所や洗面所の広さの考え方と、広さの目安についてご紹介しました。
洗面所の広さを決める際は、設備の大きさや家族構成、洗濯物を室内で干すかどうかで決められます。
一般的な洗面所の広さは1坪で1.25坪あればゆとりある収納を設けられます。
リノベーションをお考えの方はぜひ当社までお問い合わせください。