「中古マンションのリノベーションを考えているけれどリビングとダイニングを分けるべきか悩んでいる」
「リビングとダイニングを分ける意味って何だろう」
このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
そこで今回は、リビングとダイニングを分けるメリットと分ける家族の特徴をご紹介します。

□リビングとダイニングを分けるメリットとは

ここでは、リビングとダイニングを分ける2つのメリットをご紹介します。

1つ目のメリットは、くつろげるスペースと食事をするスペースを分けられることです。
くつろげるスペースと食事をするスペースを分けることで、食事をするスペースをよりキッチンに近づけ、食事までの作業効率をあげられます。
また、くつろげるスペースと食事をするスペースを分けることで、食事をするスペースが散らかる可能性が低くなるメリットもあります。

2つ目のメリットは、子どもが食事に集中できることです。
小さなお子さんをお持ちのご家庭であれば、くつろげるスペースと食事するスペースが一緒だと食事に集中できなくなる可能性があります。
家族で食卓を囲む時間は家族間のコミュニケーションを考えるうえでも非常に大切です。
そのため、リビングとダイニングを分けることで、食事に集中できる環境づくりを行うと家族の関係も良くなるでしょう。

□リビングとダイニングを分ける家族とそうでない家族の特徴とは

ここでは、リビングとダイニングを分ける家族とそうでない家族の特徴をご紹介します。

まず、リビングとダイニングを分ける家族の特徴についてです。
リビングとダイニングを分ける家族の特徴は、十分に家の広さを確保できる家族です。
家の広さを十分に確保できる場合は、上記のようなメリットが得られます。
しかし、広さを確保できないにもかかわらず、無理に分ける必要はありません。

次に、リビングとダイニングを分けない家族の特徴についてです。
リビングとダイニングを分けない家族の特徴は、普段から家族がリビングで過ごす時間の長い家族です。
リビングとダイニングを分けるとキッチンに居る際に、リビングとの距離が遠くなります。
そのため、普段からリビングに家族が集まり、会話を頻繁にする家庭であれば、リビングとダイニングを分けることで会話が減る可能性があるでしょう。

これらを考慮したうえで、分けるかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、リビングとダイニングを分けるメリットと分けるべき家族の特徴をご紹介しました。
リビングとダイニングを分けることで、くつろげるスペースと食事をするスペースを分けられるため、食事に集中できます。
ただ、場合によっては会話が減る原因になるため、しっかりと考えて決めましょう。