「賃貸マンションと分譲マンションはどちらの方が良いのだろう」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

賃貸にしても購入にしても、大きな買い物だからこそ後悔したくないですよね。
そこで今回は、それぞれのメリットを比較します。
ぜひお役立てください。

□賃貸マンションのメリットとは

賃貸マンションのメリットは3つあります。

1つ目は転居しやすいことです。
賃貸マンションの場合、退去する1ヶ月前までに退去することを通知すれば、引っ越しすることが可能です。
ただし、物件によっては1ヶ月以上前の期日を設定していることもあるのでご注意ください。
転居を伴う転職や、結婚・出産などのライフイベントに合わせて気軽に住居を変えられるため、そういった点に魅力を感じる方には賃貸マンションがおすすめです。

2つ目はメンテナンス費用の負担が少ないことです。
賃貸マンションで設備故障や経年劣化が発生した場合、そのマンションのオーナーには修繕しなければいけない義務があります。
そのため、分譲マンションのように修繕積立金を支払う必要はありません。
ただし、居住者の過失によって故障や破損が生じた場合には、修繕費を請求されることがあります。

また、賃貸マンションは自分の資産ではありませんので、固定資産税や都市計画税を支払う必要もありません。

3つ目は経済事情に合わせて住居費を調整できることです。
急に収入が下がってしまうなどの経済事情が変化してしまっても、賃貸マンションの場合より家賃の低い物件に引っ越すことが可能です。
また、住宅ローンのような借り入れもないため、金銭面だけでなく精神面での負担も軽いでしょう。

□分譲マンションのメリットとは

次に、分譲マンションのメリットを2つご紹介します。

1つ目は居住性の高さです。
分譲マンションの専有部分は自分の持ち物であるため、自由にアレンジすることが可能です。
ライフスタイルに合わせてリフォームしたり、中古マンションを購入してリノベーションしたりもできます。
こういった居住性の高さは、賃貸マンションにはない魅力の一つでしょう。

2つ目は、住宅ローン完済後は家賃を払わなくても良くなることです。
先ほども触れたように、分譲マンションの場合、マンションの修繕積立金や管理費などの支出は必要です。
しかし、住宅ローンを完済すれば、毎月の大きな住居費の支払いは不要になります。

□まとめ

今回は賃貸マンションと分譲マンションのそれぞれのメリットをご紹介しました。
今後マンション購入を検討している方は、本記事を参考にしていただけると嬉しいです。
また、住宅購入に関して何かご不明なことがありましたら、お気軽に当社までご相談ください。
お客様のご要望を伺いながら、ぴったりのご提案をいたします。