住まいの快適さを高めるために、断熱リフォームを検討する方が増えてきています。
最近は厳冬化も進んでいるため、「暖房をつけても家の中がなかなか暖まらなくて寒い」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、断熱リノベーションの効果や注意点をご紹介します。
ぜひお役立てください。

□断熱リノベーションの効果とは

断熱リノベーションには3つの効果があります。

1つ目は外気温に左右されにくくなることです。
断熱リノベーションをすることで、気密性が高まります。
そのため、夏には涼しく、冬には暖かい家になります。
例えば、天井に断熱工事をすれば、真夏など直射日光が強い時でもその影響を受けにくくなりますよ。

2つ目は光熱費を削減できることです。
室温と設定温度の差が小さいほど、冷暖房機器の運転を抑えられるため、電気代がかかりません。
そのため、断熱工事を施し住まいの断熱性を高めることで、光熱費を安く抑えられます。

3つ目は健康に良い影響を与えることです。
室温が一定になることで、住む人の健康維持にも役立ちます。
部屋によって室温差が大きいと、ヒートショックを起こしやすくなり危険ですよね。
そのため、断熱リノベーションをすることは、命を守ることにも繋がると言えるでしょう。

□断熱リノベーションの注意点とは

断熱リノベーションの注意点は2つあります。

1つ目は、隙間なく施工しないと意味がないことです。
せっかく断熱工事をしても、隙間があれば家の空気は逃げてしまいます。
そのため施工に丁寧さや正確さが求められます。

2つ目は結露の防止が必要なことです。
断熱には、家の気密性を高めることが必要です。
そうすると、家の中の水分量が多くなり、結露が発生しやすくなります。

結露を放置すると、カビが発生しやすくなり、またカビをエサとするダニなども寄ってくるため衛生的にも良くないでしょう。
そのため、防湿シートを使用するなどして結露の発生を防止することが大切です。

このように、断熱リノベーションにはメリットだけではなくデメリットもあります。
断熱工事を行う際には、そういった点を考慮することが大切です。

□まとめ

今回は、断熱リノベーションの効果や注意点をご紹介しました。
外気温に左右されにくい住まいにすることで、快適性はグンと高まります。
少しでも関心のある方は、お気軽に当社にご相談ください。
お客様のご要望や現状のご不満点などをお伺いした上で、お客様に最適なご提案をいたします。