システムキッチンの中でも人気メーカー上位に位置するリクシルですが、他のメーカーと比べてどのような強みや特徴があるのか気になる方もいるのではないでしょうか。
今回は気になる強みと特徴についてタカラスタンダードのキッチンと比較しながら紹介したいと思います。

□タカラリクシルキッチンを比較します

リクシルは意匠をこらしたものからシンプルなものまで、デザインに偏りがなく、どんなライフスタイルにもなじみます。
また、リーズナブルな価格設定であることも大きな特徴です。
そして、満足度が高いのが大容量のキャビネットです。

料理中に必要なものが取り出せるドアポケットや楽な姿勢で鍋やフライパンを取り出せる設計など、多様な工夫が施されています。
タカラスタンダードのホーロー製システムキッチンはトップクラスの掃除のしやすさを誇ります。

ホーローとは、ガラス質の釉薬(ゆうやく)を、鉄やアルミニウムなどの金属材料の表面に高温で焼きつけたもののことで、水・湿気をはじくガラス質なので、汚れが染み込まず、手入れが簡単です。
また、熱や傷にも強く長持ちするので根強いファンが多いのがホーロー製システムキッチンです。

□それぞれのハイグレードキッチンで比較

リクシルのハイグレードキッチンのリシェルSIは、使いやすさを高める機能性を重視したキッチンです。

料理が快適で楽しくなるように調理する人の体の動きにフィットする設計が特徴です。
デザイン性も住まいや暮らしに調和するような穏やかな印象を与えます。
リクシルリシェルSIには、セラミックカウンターという人気オプションがあります。

これは、熱々の鍋をそのまま置いても問題なく、引きずっても傷になりにくい素材で、まな板なしで包丁を使うことも可能な強度の強いカウンターとなっています。
他にも、調理と片付けをダブルでサポートしてくれるWサポートシンク、ハンズフリーで水が出るナビッシュ、お手入れしやすいレンジフードのよごれんフードといったたくさんの機能が搭載されています。

タカラスタンダードのハイグレードキッチンのレミューは、扉の表裏、引き出し内部、キャビネット本体などあらゆる部分にホーロー素材が使われています。
カウンターはクォーツストーンカウンターで、表面が硬く丈夫で傷が付きにくいという特徴があります。

耐久性が売りのタカラスタンダードに比べ、リクシルのシステムキッチンはリーズナブルで、大容量のキャビネット、動きにフィットする設計など、自由度が高いのが特徴でストレスフリーに料理できるという魅力があります。

キッチンは毎日使うスペースなので、リクシルの快適な設計は、料理する人目線でとてもありがたいですね。

□まとめ

今回はリクシルの強みと特徴について、タカラスタンダードと比較しながら紹介しました。
リクシルは特に快適な料理を実現することに特化しているので、毎日使う主婦(夫)の方にとっては非常に魅力的ですね。
システムキッチンはリクシルをぜひご検討ください。