多くの人に人気のマンションのリノベーションですが、思っていたようにリノベーションできず、失敗したと感じている人も一定数います。
今回は実際にあったリノベーションの失敗談を紹介したいと思います。
また、後半は成功談も紹介するのでリノベーションを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

□こうすれば良かった!リノベーションの失敗談3選

1つ目は、棚や机などの高さや奥行に関する失敗です。
念入りに打ち合わせしたとしても、実際生活してみるともっと高さや奥行が欲しかったということがよくあります。

例えば、トイレの上に棚を作ってもらったものの、意外にも手が届かずに苦労したというケースや、カウンターを造作したもののそれに合う椅子がなかなか見つからないというケースなど、様々な失敗があります。

2つ目は、コンセントの数と場所に関する失敗です。
コンセント関連の失敗は多岐にわたり、コンセントが多かった、少なかった、配線が見えるのが気になる、家具で隠れてしまったなどがあります。

3つ目は、自由度を狭めてしまったという失敗です。
自分の好きなデザインにリノベーションしても、そこにアレンジする余地がなければ面白くありません。
部屋を余すことなく使ってリノベーションしてしまうと、極端に自由度を落とすこととなり後悔してしまうことがあります。

□作って良かった!リノベーション3選

1つ目は、リビングに作ったアイランドキッチンです。
キッチンは嫌でも毎日立たなければならない場所です。
そのキッチンを、家族が自然に集まるような楽しい場所にできたことで、毎日の家事が楽しくなったという声があります。

2つ目は、造作リビングカウンターデスクです。
多目的デスクとして機能するこのデスクには、パソコンデスク、リビング収納、インテリアとしての役割があります。
リビングにこのような場所があると、お洒落であると同時に非常に便利ですね。

3つ目は、土間収納です。
マンションの場合、一戸建てのように倉庫を置けないため、置き場に困る段ボール、扇風機、暖房器具などを置くスペースはかなり重宝します。

□まとめ

今回は実際の事例からリノベーションの失敗談と成功談を紹介しました。
リノベーションの計画段階では大丈夫だと思った設計でも、実際に生活してみないと感覚的に分からないことも多いと思います。
失敗しないためにも、数字だけではなく自分の感覚も大事にしてリノベーションを計画してみると良いでしょう。