皆さんは、4人家族に適した家の広さについてご存知でしょうか。
実際に暮らしてみて、家の中が広すぎたり、狭すぎたりした場合は、後悔しますよね。
後悔しないためには、理想的な広さを知っておく必要があります。
そこで今回は、4人家族に適した家の広さと間取りを決める際のポイントについて解説します。

□4人家族に適した家の広さを解説します!

国土交通省によって調査された「住生活基本計画における居住面積水準」を確認する必要があります。
これを見ると、4人家族が豊かな生活をおくることを前提とした場合には、郊外の戸建て住宅であれば、125平米(3から5歳児がひとりいれば112.5平米)が理想的な広さとなるようです。

家族団欒で過ごすリビングの空間は10から14畳ほどあれば十分でしょう。
残りは、子ども部屋や夫婦の寝室を確保するために要する部屋を確保しましょう。
また、その他の水回りや収納空間の間取りも確保するようにしましょう。

4人家族が居心地良い最適な住居を探すにあたっては、これらの点を踏まえましょう。
また、それぞれの生活スタイルに合わせて優先順位を決定すると良いです。

□4人家族で間取りを決める際のポイントとは?

実際に4人家族で間取りを決める際には、いくつかのポイントを押さえる必要があります。
ここでは、そのポイントを3つ解説します。

まず1つ目は、夫婦の個室についてです。
一般的には、夫婦2人の寝室か、夫の書斎や夫専用の寝室を用意する家庭が多いです。
個室が必要なら、最低でも2LDK以上の間取りを選択することになるでしょう。

2つ目は、子ども部屋についてです。
子ども部屋は、「子ども部屋の数を考慮する」、「子どもの年齢差を考える」、「子ども部屋を要する期間を考慮する」などを押さえる必要があります。

3つ目は、荷物の量や来客についてです。
荷物の量が多かったり、両親が泊まりに来ることがおおいような家庭では4LDKを選択した方が良いでしょう。
ただし、少子化の影響もあり、新築での4LDKの間取りは少なくなってきています。
それゆえ、選択肢は古い物件ばかりになってしまいます。

そのことを把握しておきましょう。

□まとめ

今回は、4人家族に適した家の広さと間取りを決める際のポイントについて解説しました。
4人家族に適した広さを理解できたでしょうか。
実際に、4人家族で間取りを決める際には、解説したポイントを意識して決めるようにしましょう。
この記事を参考にしていただけたら幸いです。