皆さんは、郊外に住む魅力をご存知でしょうか。

新型コロナウイルスの影響により自宅で過ごすことが増え、都市郊外に移住する選択肢は注目されています。

感染症対策のためテレワークや在宅勤務を取り入れている会社も増えてきています。

そこで今回は、郊外に住むメリットとデメリットについて詳しく解説します。


□郊外に住むメリットについて解説します

1つ目は、郊外の物件は、住宅価格やその他の費用が安いことです。

郊外の物件は比較的、住宅価格が安い傾向にあります。

不動産の価値が低ければ、それに伴い固定資産税の負担も軽くなります。

また、郊外の戸建て住宅には、駐車場付きの物件も多いです。

それゆえ、月々の駐車場代の負担が少なくなるでしょう。

郊外の住宅購入は、物件の購入費用だけでなくその他の維持費が安くなる可能性もあります。


2つ目は、郊外の広い物件なら余裕をもって暮らせることです。

郊外は、比較的広い物件が多い傾向にあります。

また、戸建て住宅なら駐車場や庭が比較的広いです。

マンションならゆとりのある間取りや、収納がある物件が見つかるでしょう。

また、新築戸建てを建てる際にも、土地の条件や周辺環境は都心ほど厳しくないです。

それゆえ、無理せずに余裕を持って家づくりができます。

その点は、大変魅力的でしょう。


3つ目は、自然が豊かで暮らしやすい環境であることです。

自然豊かな環境で暮らせることは、都心で暮らしてきた方々にとっては非常に嬉しいことですよね。

近隣住宅との間隔が広いため、騒音トラブルが起きにくいです。

また、大きな公園があり、季節の変化を感じられるのは郊外ならではです。

人口が都心ほど密集していないため、人混みを避けつつ、のびのびと子育てできるのは嬉しいですよね。


□郊外に住むデメリットとは

郊外に住むデメリットをここでは、2つ解説します。


1つ目は、通勤時間です。

完全テレワークであれば特段問題ないでしょう。

ただし、通勤頻度が高い場合は、不便に感じるでしょう。

また、エリアによっては車ありきの生活になるため、駐車場代や車の維持費用で出費がかさむこともあります。


2つ目は、売却や賃貸時に手放しづらい傾向にあることです。

都心と比較して、郊外の物件はニーズが少ないです。

将来的に住み替えの可能性がある場合は、郊外の中でも売却が円滑に進むような人気のエリアを選択するようにすると良いです。


□まとめ

今回は、郊外に住むメリットとデメリットについて詳しく解説しました。

郊外に住むことで、費用を低減でき、自然を感じられます。

一方で、通勤時間や物件のニーズの問題もあるため、把握しておきましょう。

この記事を参考にしていただけたら幸いです。