皆さんは、新築とリノベーションの違いについて明確にご存知でしょうか。

「デザインの自由度」や「価格の違い」など両者の違いがわからずに悩まれている方は多いでしょう。

それぞれは大きな違いがあるため、それぞれ把握することが大切です。

そこで今回は、新築とリノベーションの違いとメリット・デメリットについて解説します。


□新築とリノベーションの違いについて解説します

両者の違いをここでは、2つの観点で解説します。


*既存の建物に大規模な工事を行うのがリノベーション

既存の建物に大規模な工事を施すことをリノベーションと言います。

リノベーションの目的としては、住まいの性能を新築の状態よりも向上させることです。

一方で、新築はその名前通り最初から新しい物件を入手できます。

それゆえ、基本的には希望の性能を備えられるでしょう。

両者の大きな違いは、既存の建物か、新しい建物かです。

住宅の性能はどんどん劣化していくものです。

それゆえ、既存の建物に新たに機能を追加したり、価値を向上させたりしたい方にリノベーションはおすすめです。


*敷地選びとデザイン・設計の自由度について

リノベーションは、既に存在する建物やある程度のデザイン・設計ができた状態となります。

それゆえ、デザインや設計の自由度は低くなります。

ただし、敷地選びに関しては、選択肢が広がるので把握しておきましょう。

新築では選ぶことが困難な、駅近くや街の中心部を視野に入れて探せます。

逆に、新築の場合は、敷地選びは選択肢の幅が狭まります。

ただし、デザインと設計の自由度は大きいでしょう。

自分の好みをより反映できるでしょう。


□新築とリノベーションのメリットとデメリットについてそれぞれ解説します

まず新築のメリットとデメリットについて解説します。

メリットは、「構造部分に不安がないこと」、「外観や間取りなどの自由度が高いこと」などが挙げられます。

対してデメリットは、「住み心地や景観がイメージしにくいこと」、「近隣の環境がわからないこと」などが挙げられます。

次にリノベーションのメリットとデメリットです。

メリットは、「周囲の環境状況を確認できること」、「費用が安い場合が多いこと」、「和モダンの家に住めること」などが挙げられます。

対してデメリットは、「間取りの自由度が低いこと」、「耐震性や断熱性能に不安があること」などが挙げられます。


□まとめ

今回は、新築とリノベーションの違いとメリット・デメリットについて解説しました。

両者の違いには、既存のものか新しいものか、敷地選びやデザインの自由度などがあります。

また、両者の違いを把握して、どちらが最適なのか考えましょう。

この記事を参考にしていただけたら幸いです。