料理するのは好きでも、キッチン掃除は苦手という方も多いのではないでしょうか。
キッチン掃除はキッチンの機能とデザインを工夫することで大幅に手入れしやすくなります。
そこで今回は、掃除しやすいキッチンとキッチンを選ぶ際のポイントをご紹介します。
参考になれば幸いです。

□掃除しやすいキッチンをご紹介します!

まずは素材についてです。
キッチンでは、食材や調味料、油など様々なものが飛び散るので、汚れを落としやすい素材にすると良いでしょう。

キッチンはコンロ、ワークトップ、シンクというように色んなパーツからできています。
ワークトップやシンクは、ステンレスや人工大理石がおすすめです。
タイルや天然石などの素材もありますが、お手入れのことを考えると最適な素材とは言えません。

続いてはコンロです。
コンロは、ガスコンロよりもIHの方がお手入れのしやすさで言うと優れています。
ガスコンロは火力が出しやすいので料理によっては便利ですが、凹凸が多く掃除しにくいでしょう。
IHは表面を拭き掃除するだけで済むので、ガスコンロのようにパーツを取り外す手間がありません。

また、レンジフードも油が溜まるとお手入れが難しくなる場所です。
汚れを吹き飛ばしてくれるものや、汚れを落としやすい製品もあるので、メーカーをよく選びましょう。

□キッチンを選ぶ時のポイントをご紹介します!

シンクは、単体で選ぶのではなく、ワークトップとの相性で決めることが大事です。
素材やデザイン、色を統一すると一体感が生まれます。
人工大理石はカラーリングが豊富なので、色合いをこだわる方におすすめの素材です。

また、好きなデザインに合わせて素材を選ぶと良いでしょう。
欧米風にしたいならホーローシンク、スタイリッシュにしたいならステンレスのものを選ぶと良いでしょう。

機能性も大事な要素の一つです。
掃除のしやすさ、耐久性、耐熱性は素材以外の部分でも左右されます。
シンクの形状や排水設備の機能性が重要です。

水はけが良いものや、溝が少ない構造になっているキッチンを選ぶと良いでしょう。
また、ディスポーザーがついているシンクも人気があります。
排水口に生ごみが溜まらないので、キッチンを無臭の状態に保てますよ。

□まとめ

キッチンを選ぶ際は、機能性とデザイン性の両方を考慮することがポイントです。
今回ご紹介した、掃除しやすいキッチンにするポイントとキッチンを選ぶポイントを参考にしてみてください。
キッチンについて機能やデザインにご要望がある方は、当社にお気軽にご相談ください。