「家事の負担を少しでも減らせる間取りにしたい」
このようにお考えの方は多いですよね。
そこで、今回の記事では家事動線の良い間取りを作る際のポイントと収納計画の考え方をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□家事動線の良い間取りにするためのポイントとは?

家事動線の良い間取りにするためには、家事を行う際の移動にかかる時間を少しでも短縮することが大切です。

例えば、キッチンの場合は、調理の手順を踏まえてあまり広くしすぎないようにしましょう。
広いキッチンに憧れる方も多いです。
しかし、広いと移動距離が増えてしまい、調理にかかる時間も長くなってしまいます。
そのため、調理の一連の流れを考え、設備や家電を配置できる間取りを検討しましょう。

また、洗濯を楽にできる間取りを作る際のポイントとしては、洗うから干すだけでなく、取り込んでしまうところまでを意識することです。
全てを収納するのは難しいですが、洗面や浴室で使うタオルやパジャマ、下着などを収納できるスペースを作るだけでもかなり楽になりますよ。

□快適な住宅にするための収納計画とは?

収納を考える際には、今回ご紹介する3つのポイントを押さえると良いでしょう。

1つ目が、使う場所に収納を設けることです。
収納は少ないよりも多い方が良いと考える方は多いでしょう。
しかし、適切な場所に収納を設置しなければ活用できません。

そこで、意識していただきたいのは動線です。
例えば、買い物から帰宅して荷物を置くのは、廊下からキッチンまでの間でしょう。
パントリーはそのあたりに設けると使い勝手が良いです。
物の定位置を決めることを考えましょう。

2つ目が、いらないものを捨てることです。
物を収納することを考える方が多いですが、物を捨てる技術がなければいくら収納があっても足りないので、捨てられるものがないか確認しましょう。

3つ目が、収納方法を考えることです。
物の定位置がある程度決まれば、そこにどのような店が必要かを考えましょう。
扉がないオープンタイプの収納にするのか、中が見えないように扉をつけた方が良いのかなど、使いやすい収納方法を検討しましょう。

□まとめ

今回の記事では、家事動線の良い間取りにするためのポイントと、収納計画について解説しました。
快適な生活を送れる住宅にするためには、間取りの工夫が必要不可欠です。
中古住宅のリノベーションを検討している方は、ぜひ一度当社にご相談ください。
お客様に合わせた住宅プランをご提案いたします。