「子育てするのに適しているのは、マンションと戸建て住宅のどちらなんだろう」
このように子どもができた際に考える方は多いでしょう。

様々な観点からマンションと戸建て住宅のどちらが子育てに適しているのか知っておくことが大切です。

そこで今回は、マンションと戸建て住宅で子育てするメリットをそれぞれ解説します。

□マンションで子育てするメリットとは

ここでは、マンションで子育てするメリットを5つ解説します。

1つ目は、ママ友ができやすいことです。

集合住宅であるマンションでは、同世代の子どもを持つママ友ができやすいでしょう。
あらゆる情報を交換したり、年長の子を持つ先輩ママからアドバイスをもらったりすることもあるでしょう。

2つ目は、子どもの友達がつくりやすいことです。

子どももママ友の場合と同様に、友達になりやすいです。
家が近所であるため、学校行事等で使用するものを貸し借りなどもあるでしょう。

3つ目は、家の動線が短いため、家事が楽であることです。

基本的にマンションは室内に階段はありません。
それゆえ、1階のものを2階に運ぶような動作がありません。

4つ目は、周辺の生活環境が充実していることです。

マンション付近は、比較的駅に近いです。
また、商業施設やスーパー、病院などが近く、生活における利便性が高いでしょう。

5つ目は、防犯性が高いことです。

マンションは鍵さえかければ、一定の防犯性は確保できます。
さらに、オートロックや24時間有人管理の物件を選べば、より防犯性が向上します。

□戸建て住宅で子育てするメリットとは

ここでは、戸建て住宅で子育てするメリットについて3つ解説します。

1つ目は、掃除・洗濯時に音を気にする必要がないことです。

マンションのように隣の住人に気を使う必要がないため、基本的にいつでも掃除や洗濯ができます。
仕事が夜遅くまであっても、深夜に家事ができるでしょう。

2つ目は、お風呂が広く、子どもと一緒に入れることです。

戸建て住宅では、比較的お風呂の大きさをある程度確保できます。
それゆえ、快適に子どもとお風呂に入れるでしょう。

3つ目は、庭やガレージでバーベキューを楽しめることです。

週末は友人や親戚を呼んでバーベキューができます。
子どもも嬉しいこと間違いありません。

□まとめ

今回は、マンションと戸建て住宅で子育てするメリットをそれぞれ解説しました。
マンションは、友人をつくりやすく、比較的生活環境が整っています。
また、戸建て住宅では、のびのびと近隣住民に気を遣わずに生活できます。

この記事を参考にして、住む環境を選択しましょう。