「リビングの広さをどうするか迷う」
「間取りをどう決めればよいか分からない」
リノベーションをご検討の方でこのようにお考えの方はいませんか。

そこで今回は、リビングの適切な広さと、間取りを決める際の注意点についてご紹介します。
参考になれば幸いです。

□リビングの適切な広さをご紹介します!

広いリビングは、開放的な空間を実現できるので良いですよね。
しかし、リビングは広くしすぎると後悔することになります。
今回ご紹介しますリビングの適切な広さを参考にして、広さを決めましょう。

まず広いリビングが好まれる理由について知っておきましょう。
広いリビングは、解放的、家全体が広く見える、通気性や採光度が上がるといったメリットがあります。
最近では在宅勤務をする方が多くなり、おうち時間が増えているので、家を開放的な空間にすることが好まれる傾向にあります。
しかし、広さを優先すると、以下の問題が発生します。

・空調が効きにくい
・家電のサイズを大きくする必要がある
・他の部屋が小さくなる

空調を、一般的な性能のものにすると部屋全体の温度を調節するのが難しくなります。
広い部屋には、広い部屋用のエアコンが必要です。
また、家電も部屋においても殺風景にならないように大きいサイズのものにする必要があります。
初期費用が全体的に高くなるという点で後悔する可能性があるので注意しましょう。

また、リビングを広くすると、その分他の部屋の面積が必然的に狭くなります。
どの部屋を優先的に広くしたいかでリビングの広さを検討しないと後悔につながります。
注意しましょう。

□間取りを決める際の注意点についてご紹介します!

間取り決めに後悔しないためには、リノベーション会社の施工事例を見ることが大事です。
自分の理想に合った事例があるかを確認して下さい。

担当者との相性も大事です。
お客様の思い描いているイメージを再現するために担当者を介して設計することになるからです。

また、優先順位を決めおくことをおすすめします。
優先したい間取りから決めていくと良いでしょう。

設計の段階で生活している姿を想像してみることも重要です。
家電を置く場所や、生活動線を意識して間取りを決めましょう。

□まとめ

以上、リビングの適切な広さと、間取りを決める際の注意点についてご紹介しました。
ご家族の人数や生活スタイルによってリビングの広さや間取りを検討すると良いでしょう。
リノベーションについて分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。
お客様にとって最適なご提案をさせていいただきます。