将来的にマンションを購入したいと思っている人は多いと思いますが、どのタイミングで購入するのがベストなのでしょうか。
結論から言うと、マンションなどのマイホームは若いうちから購入するのがベストです。
今回は、マイホーム購入のベストなタイミングについて紹介したいと思います。

□マイホームを購入する人の平均年齢はどのくらい?

国土交通省が2017年に実施した住宅市場動向調査の結果によると、初めてマイホームを購入した人の中で、最も多かった年代は30歳代でした。
この理由としては、住宅ローンの完済年齢による影響が考えられます。

住宅ローンには完済年齢が定められており、多くの場合は75歳または80歳までがローンの支払い期間になります。

例えば、住宅ローンの支払い期間が35年で、75歳までに完済したいとなると、40歳で契約している必要があります。
多くの人は40歳までに余裕を持ってローンの契約を結びたいため、40歳になる前の30歳代での住宅購入を考えることになるのです。

□なぜマイホームを若いうちから購入する方が良いのか

若いうちからマイホームを購入するのがなぜ良いことなのかと言うと、完済年齢が早くなり、老後の負担が少ないからです。

例えば、30歳で30年の住宅ローンを組んだ場合は60歳で完済することになりますが、40歳で同じ住宅ローンを組んだ場合は完済が70歳になってしまいます。
若いうちに住宅を購入することで、住宅ローンを早い段階で完済でき、老後の負担を最小限に抑えられるという大きなメリットを生み出せるのです。

また、年齢を重ねるごとにマイホームの購入にはリスクが出てきます。
住宅ローンを組む際には、団体信用生命保険に加入しなければならず、そのためには自分の健康状態を告知する必要があります。
この時に健康状態に問題があると判断されてしまうと、保険への加入は認められないため、住宅ローンを利用した購入が難しくなってしまうのです。
年齢を重ねることによる健康リスクを考えると、健康状態に不安のない若いうちから住宅ローンを組むのが賢明と言えます。

□まとめ

今回はマイホーム購入のベストなタイミングとその理由について紹介しました。
マイホーム購入は人生の中で最もお金と時間がかかることと言っても過言ではありません。
住宅ローンを組む上での最適な選択は、より若い年齢で契約するということなので、住宅購入は人生の早い段階から考えておくと良いでしょう。