「マイホームで暮らしやすい間取りにするためにはどうしたらよいのだろう」
このように新居の間取りについてお悩みの方は多いでしょう。
せっかくマイホームを建てるなら、快適な暮らしを実現したいですよね。

そこで今回は、マイホームをお考えの方に、間取りの考え方とより快適な家にするためのポイントを解説します。

□間取りの考え方を解説します

まず、前提として間取りを考える前に、予算とスケジュールを明確にしましょう。

予算を具体的に決めなければ、間取りの方針も立たないでしょう。
また、スケジュールをはっきりと決めておかなければ、決断ができずに延々と悩むことになりかねません。
間取り作りの前に、この2点を家族で話し合い、意見を統一しておきましょう。

基本的な間取りの考え方は3つあります。
ここでは、それぞれ詳しく解説しますので、参考にしてください。

1つ目は、方位と縮尺のルールです。

家づくりにおいて1つの図面を様々な立場の方々が見ます。
それゆえ、違う人たちが同じ目線で確認できるように図面にはルールがあります。

方位に関しては、地図と同様で上が北になります。

また、縮尺に関しては、初期段階では100分の1スケールが頻繁に使用されています。
簡略的に言うと、1mのものを1㎝の大きさで図面に書き表していくことになります。
これらの方位と縮尺のルールを確実に把握しておきましょう。

2つ目は、家の外の配置から考えることです。

例えば、「間口14m」、「奥行き15m」の土地に家を建てる場合は、尺モジュール方眼紙に14㎝×15㎝の長方形を書き込みます。

その際には、北を上にすることを忘れないようにしましょう。
ゾーニングは家、庭、車庫などを含めた全体の配置から行いましょう。

3つ目は、大まかにゾーニングすることです。

ここまできたら家の中身をゾーニングしていきます。
慣れていない方は、大雑把に尺モジュール方眼紙に丸を書き込んで、「この辺りがリビング」、「この辺りがキッチン」などのように大体の位置を選択していきましょう。

慣れている方は、具体的に部屋を書き込んでいっても構いません。

□より快適な家にするためのポイントを解説します

間取りを決定する際には、以下の確認項目が満たされているか確認しましょう。

・採光、風通し
・家電や家具の配置
・玄関と階段の配置

・生活動線と将来的な家族構成
・家の外構計画

以上の確認項目が満たされていれば、快適な家になるでしょう。

□まとめ

今回は、マイホームをお考えの方に、間取りの考え方とより快適な家にするためのポイントを解説しました。

間取りを決定する際には、基本的な考え方を押さえておきましょう。
また、快適な家にするためのポイントを把握しておきましょう。