「靴が多いのでシューズクロークを設けたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
今回の記事では、シューズクロークにおける失敗例と使いやすい収納の仕方をご紹介します。
リノベーションを検討している方はぜひ参考にしてください。

□シューズクロークにおける失敗例とは

シューズクロークにおける失敗例として最も多いのは玄関収納が少なかったことです。
一般的に、上に物をおける程度のカウンタータイプのものを採用する方が多いでしょう。
しかし、天井まであるトールタイプの方が、収納力があります。

このタイプは、高いところが活用できないことを心配する方も多いです。
ですが、高いところには普段使用しない冠婚葬祭などで使用するものをしまっておくことをおすすめします。

また、ロングブーツのように高さがある靴を収納するために、可動式の棚がある下駄箱を設けることで下駄箱の中も使いやすくなりますよ。
靴が雑多に玄関に並んでいる状態にならないようにすることを考えましょう。

□使いやすいシューズクロークとは?

シューズクロークを設ける際には、ただ作るのではなく、使いやすさを意識することが重要です。
そのポイントは以下の4つです。
・シューズクロークの大きさ
・扉の付け方
・シューズクロークの配置
・棚の配置

それぞれを順に解説します。

1つ目が、大きさです。
ウォークインシューズクローゼットを設ける場合は、通路の幅を意識することが大切です。
シューズクローゼット自体の大きさは一般的な廊下の幅である75センチメートルほどを目安にする方が多いです。

しかし、中に35センチメートル程度の幅の棚を配置した場合、通路は40センチメートル程度となります。
この幅では、普通に歩くのは難しく、カニ歩きのように移動することになるでしょう。
そこで、通路が50から60センチメートル程度になるように余裕を持った設計をすることをおすすめします。

2つ目が、扉の付け方です。
どのような扉をつけるかで、使い勝手はかなり変わるので、たかが扉と思わないようにしましょう。
基本的におすすめしたいのは、引き戸です。
引き戸であれば、扉の開閉の際に前に空間が必要ありませんし、湿気や臭いがこもりやすい日は開けっぱなしにしておくことも可能です。

3つ目が、配置です。
基本的に収納は、あまり人に見せたいものではありませんよね。
そのためシューズクロークは玄関扉の横など、家に入ってもすぐに目につかない場所に設置するのがベストと言えるでしょう。

□まとめ

今回の記事では、シューズクロークにおける失敗例と使いやすい収納の仕方をご紹介しました。
当社では、皆様にとって住みやすい住宅をご提案いたします。
ご不明な点があればぜひ一度当社にご相談ください。