「中古住宅を購入する際には、どのくらいの築年数の物件を選べば良いのだろう」
このようにお悩みの方もいらっしゃいますよね。
今回の記事では、中古マンションを購入しようと考えている方に、おすすめの築年数とその理由、マンションを購入する際に押さえておきたいポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□中古マンションを購入する際のおすすめの築年数とは

中古マンションを購入する際に気になるのが、どのような点に注目すれば良いのかということですよね。
そこでおすすめなのは、築20年程度のマンションです。
その理由は2つあるので、それぞれ解説します。

1つ目が、長く住めるかどうかを判断するための材料が揃っているからです。
国土交通省によるコンクリートの寿命による研究では、鉄筋コンクリートのマンションの寿命は117年とされています。
しかし、その寿命をまっとうするにはメンテナンスが欠かせません。
築20年程度の物件であれば、ある程度のメンテナンス歴もあり、今後も長く住める物件かどうかを判断する材料が揃っています。

2つ目が、すでに価格が下がっており、購入後にさらに大幅に価格が下落する可能性が低いからです。
住宅は、新築から築年数が経つにつれて坪単価が下がり続けます。
そして、築20年程度で下がり方が緩やかになります。

そのため、購入時の価格が安く、購入後の価格の下がり幅が少ないのは、購入する際の安心感につながるでしょう。

□マンション購入の際に注意すべきポイントとは

中古マンションを購入する際には、いくつか事前に確認しておくべきことがあります。
ここでは、2つのポイントをご紹介します。

1つ目が、どのようなメンテナンスが行われてきたかです。
これは、価格や設備と同じくらい重要な項目なので必ず確認しましょう。
特に大規模な修繕や建て替えが行われた時期や内容をしっかりと把握することをおすすめします。
また、管理状況や修繕の積立金も同時に確認してくださいね。

2つ目が、新耐震基準を満たしているかです。
前述した現在築20年程度の物件であれば、1981年6月1日から適用されている新耐震基準を満たしているので安心して良いでしょう。
日本は地震が多い国なので、少しでも安心して長く住むためには、耐震基準をきちんと確認しておく必要があります。

□まとめ

今回の記事では、中古住宅を購入しようと考えている方に、おすすめの築年数とその理由、マンションを購入する際に押さえておきたいポイントをご紹介しました。
当社では、中古マンションを購入してリノベーションを行いたい方に最適なプランをご提案いたします。
気になる方はぜひ一度当社にご相談ください。