交通アクセスがバツグンの横浜駅。

「住みたい街ランキング2020」では恵比寿や吉祥寺を抜いて堂々の1位を獲得するほどの人気の街です。

そうは言っても「横浜駅は住むことに適しているの?」とお考えの方も多いことでしょう。

そこで今回の記事では、横浜駅の住みやすさや魅力について解説したいと思います。

【目次】
1.横浜駅ってどんな駅?
2.「日本のサグラダ・ファミリア」横浜駅!ついに工事が完成!?
3.実はまだまだ進化する、横浜駅とその周辺
4.現在はもちろん、将来性も高い特別なエリア
5.横浜駅は中古を買ってリノベーションをするにもおススメ
6.まとめ

東京や千葉、埼玉方面にも乗り換えなしでアクセスできる横浜駅。

2020年現在も進化が止まらない『横浜駅』に住むことに憧れる!という方は多いのでは無いでしょうか。

それを裏付けるデータとして、横浜駅は「住みたい街ランキング」に3年連続で

ランクインしていて、2020年度のランキングでは恵比寿や吉祥寺を抜いて堂々の1位を獲得しています。

今回の記事では、横浜駅の住みやすさや魅力について解説したいと思います。

横浜にお住まいの方も新たな発見があるかもしれません。

1.横浜駅ってどんな駅?

横浜駅は、JR(京浜東北線、横浜線、東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン)、

東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線、相模鉄道、

京浜急行電鉄、横浜市営地下鉄ブルーラインが乗り入れるターミナル駅です。

年間乗降客数は約8億3800万人。

この数字は、新宿駅、渋谷駅、池袋駅についで世界4位を誇ります。 

交通アクセスが良いのはもちろんのこと、

横浜駅には多くの商業施設があることでも有名です。

駅の東側には「そごう横浜店」「マルイシティ 横浜店」「横浜ベイクォーター」があり、

徒歩10程でみなとみらい方面にも行くことができます。

駅の西側には「高島屋横浜店」「相鉄ジョイナス」「横浜岡田屋モアーズ」などがあります。

また、2020年6月には駅ビル「JR横浜タワー」が完成し、

商業施設「横浜CIAL」「NEWoMan(ニュウマン)横浜」や、映画館「T・ジョイ横浜」がオープンしました。

横浜駅は交通アクセスも買い物環境もバツグンに良く、

今後も駅周辺の開発も期待できることから、

単なる「ターミナル駅」「買い物に行く場所」から「住みたい場所」として注目を集めています。

2.「日本のサグラダ・ファミリア」横浜駅!ついに工事が完成!?

横浜市民ならご存知の方も多いと思いますが、

横浜駅は長い間、駅の工事が続いていたので

「日本のサグラダ・ファミリア」と揶揄されていました。

そんな横浜駅の工事がついに終わった!

と話題になったのは、2020年6月に駅ビル「JR横浜タワー」の完成によるものです。

この駅ビル内には、「横浜CIAL」「NEWoMan(ニュウマン)横浜」、

「T・ジョイ横浜」の各商業施設がオープンし、賑わいをみせています。

また、隣接する「JR横浜鶴屋町ビル」も2020年6月にオープンし、

こちらは主にホテルやフィットネスクラブ、商業施設で構成されています。

横浜の新たな玄関口として完成した駅ビル。

同時期に華々しくオープンしたこれらの施設のおかげで、

横浜駅の利便性、快適性が大きく向上したのは言うまでもないでしょう。

ちなみに、西口の工事はもうこれで終わったのか?

というと、実はまだまだ開発の余地があるとのこと。

どういうことなのか、次項で説明します。

3.実はまだまだ進化する、横浜駅とその周辺

横浜市によると駅周辺の開発はまだまだ続くため、「完成」には至っていないとのこと。

というのも、横浜駅周辺ではさらに魅力ある街へ発展させるための指針

「エキサイトよこはま22」が策定され、

様々な開発が進行中なのです。

エキサイト横浜とは??2009(平成21)年12月に策定された街づくりの指針。
「横浜」駅周辺で「国際都市の玄関口としてふさわしいまちづくり」をめざす。
「国際化・都市間競争に向けた対応」「深刻化する環境課題への取組み」
「首都圏有数のターミナル駅としての魅力の向上」「災害に対する安全性の確保」
これらの課題を解決し、「横浜」駅周辺の魅力を向上させるために、
まちの将来像として「世界の人から選ばれる街」、「すべての人を魅了する街」、
「街に関わる人が誇れる街」を目指すとしている。

参考:横浜市公式ホームページ「横浜駅周辺地区・エキサイトよこはま22」

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/toshiseibi/toshin/excite22/

駅ビル「JR横浜タワー」が完成したことで、

横浜市の長い工事が終わった!

と話題になってはいますが、実はまだまだ進化途中なのです。

ずっと工事の様子を見守ってきた横浜市民としては、

これで完成!と言われてしまうと少し寂しさもあったので、

今後どんな進化を見せてくれるのか、とても楽しみです。

4.現在はもちろん、将来性も高い特別なエリア

駅周辺のにぎやかさをみると「横浜駅に住む」というイメージがわかないかもしれませんが、

駅西口から10分程歩くと住宅地が広がっていて、

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどもあります。

横浜駅周辺に住む一番のメリットは、交通アクセスの良さ。

次に商業施設やスーパーなどの買い物に便利な店が多いといった住みやすさで人気を集めています。

しかし、その人気に伴い、

不動産価格も高騰しているだろうと思うかもしれませんが、

中古物件に視野を広げるとそうでもありません。

弊社で国土交通省指定の不動産会社専用の物件検索システム(レインズ)で

2018年~2020年の成約事例の平均値を調べたところ

・物件種別;リノベーション済みマンション
・物件価格:4,1089万円
・駅まで:徒歩 11分
・専有面積:73㎡
・築年数:築29年

という結果が出ました。

この数字は、桜木町や関内といった駅とほぼ同等の相場です。

同スペックなら、よりどのエリアにもアクセスしやすい横浜駅に軍配が上がりそうですね。

5.横浜駅は中古を買ってリノベーションをするにもおススメ

横浜駅は、築29年前後の物件が豊富に存在し、フルリノベーションと言われる

一度室内を全て解体し、自分好みの間取りやお部屋を創る手法に向いている物件が多く存在します。

「横浜駅周辺で中古物件を買ってリノベーションしたい!」という方は、

是非こちらのセミナーに参加してみてください。

http://www.ippo-r.com/event/hajimenoippo/

6.まとめ

横浜駅の魅力は分かったけれど…本当に住みやすいのかまだ不安がある方へ 

駅ビル「JR横浜タワー」の完成により、横浜駅は明るく綺麗になって利便性も上がり、

横浜駅のブランド力もさらにアップしました。

駅前の華やかさや人の多さを見ると、横浜駅は住むところではないと思うかもしれませんが、

記事内で説明したとおり、少し駅から離れるだけで住みやすい住宅街が並んでいます。

また、「横浜駅って便利そうで憧れるけれど、

本当に住みやすいのか不安…価格も高そう」という方はぜひ弊社まで一度ご相談ください。

お客様目線で安心してマイホームを購入できるご提案をさせていただきます。